クレジットカードのポイント還元率とは?

ポイント還元率とは?

クレジットカードで買い物をすると、金額に応じてポイントがついてきます。ポイント還元率とは購入した金額に対して、幾らのポイントが付くかの割合をいいます。

どうせ利用するならポイント還元率が高いクレジットカードを使うほうが、たくさんのポイントがたまってお得です。

銀行系のクレジットカードは還元率が低く、流通関係のクレジットカードは還元率が高い傾向があります。

このため私は、ポイント還元率の高いデパートのカードを利用しています。

ポイント還元率の計算方法

例えば100円の買い物をしたら1ポイント付く場合、還元率は1%、10円付く場合は10%となります。

このようなポイントの付き方は、流通系のクレジットカードに多いのが特徴です。

一方、銀行系クレジットカードで多いのが、次のような方法です。例えば1,000円で1ポイント加算され、それを1,000ポイントためれば5,000円分の商品券と交換できるなどの方法です。

この場合、1,000ポイント=5,000円ですから、1ポイントは5円。

1,000円の買い物をすると5円の還元となります。この場合の還元率は5円/1,000ポイント=0.5%です。

ポイントが貯まりやすいカード

楽天カードなどECサイト運営会社が発行するカードの場合、そのサイトで買い物をするとポイント還元率が高くなります。

ただ、ポイントばかりを重視してカードを選ぶと、使いにくい場合もあるので要注意です。

たとえポイント還元率が高くても、年会費が高ければトータルではそれほどお得ではない場合もあります。

旅行に出かける機会が多い人は多少ポイント還元率が低くても、旅行傷害保険が付いているもののほうが安心です。

どのような用途でカードを使うのかを考えて、総合的に判断することをおすすめします。

私もポイントが気になるタイプなのですが、ポイント還元率だけでなく年会費やサポート体制、その他の付加価値なども比較して決めるようにしています。