【初心者向け】クレジットカードの使い方

まずはサイン

クレジットカードの使い方として初心者が忘れがちなのが、クレジットカードの裏面サイン欄を空白にしたまま持ち歩くことです。

カードが届いたら、まずサイン欄に自分の名前を記入してください。

サインがないと落としたり、盗難にあったりしたときにカード会社からのアフターフォローが受けられず、大損をすることがあります。

実は私も、この失敗をやらかした一人です。

友人に指摘されるまで、そこにサインをすることを知らなかったのです。今思うと、恥ずかしいです……。

お店での買い物

まず、そのお店でクレジットが使えるかを確認しましょう。入り口などにカード会社のマークが表示されていれば、その会社のカードが使えます。

何の表示もない場合は、店員さんにたずねましょう。

カードが使えることがわかったら、レジで清算するときにカードでお願いしますと伝えてクレジットカードを渡してください。

このときに支払い方法を尋ねられます。

これは一括払いか、分割払いかを尋ねているのです。分割やリボは手数料がかかりますから、できれば一括払いを選びましょう。

店員さんに一括でと答えればOKです。ほとんどのカードが、支払い方法を後から変更することが可能です。

次に暗証番号の入力または、サインを求められます。暗証番号は電卓のような機械が渡されますから、そこに数字を入力します。

サインは店員さんが差し出した伝票に記入します。

初めて伝票にサインをするときは、とても緊張しました。そして大人になったような気分になったことを覚えています。

インターネット通販

インターネットの場合は、まず支払い方法でクレジット払いを選択します。するとカード番号と有効期限の入力場面に変わります。

クレジット番号と有効期限を入力します。ショップによっては、セキュリティーコードの入力が求められます。

セキュリティーコードはカードの裏面に記載されている数字の下3桁です。その後決済ボタンを押せば手続きは完了です。

私も、慣れない頃はインターネット決済もドキドキしたものです。しかし一度登録をすると、次からは何の入力もせずにクリックするだけで決済できるので楽ですよね。