クレジットカードのセキュリティコードとは?

セキュリティコードとは

セキュリティコードとは、クレジットカードで決済をするときに、本人以外の人が不正に使用するのを防ぐための番号です。

インターネットでのクレジット決済で不正利用をする人がいます。これを防ぐためにカードの表面に記載されているカード番号に加えて、セキュリティコードを入力するという二重の入力処理で、第三者の不正を防いでいるのです。

私は最初のうちはセキュリティーコードの入力は面倒だな……と思っていたのですが、安全性が高いと聞いて、少々面倒でもかまわないと考えを改めるようになりました。

セキュリティコードの場所

ではセキュリティコードは、いったいどこを見ればわかるのでしょうか。クレジットカードの裏面を見れば簡単にわかります。アメックスなど海外のカードでは表面に記載されていることもありますが、日本のクレジットカードは裏面の署名欄の上部に、数字の羅列が記載されています。

この数字の下3桁の数字が、セキュリティコードです。ただし、アメックスの場合のみ、セキュリティコードは3桁ではなく4桁となっています。

セキュリティコードは契約書や利用明細書などカードの裏面以外には、どこにも記載されていません。

カードを持っている本人だけにしかわからない数字なので、インターネットでの取り引きで不正利用を防ぐ効果が期待できるのです。

初めての時、セキュリティーコードがとこにあるのか慌てて、やっぱりインターネットって難しいと頭を抱えたことを思い出します。

セキュリティーコードが見当たらない場合

カードの種類によってはセキュリティコードに対応していないものもあります。また発行年数が古い場合もセキュリティコードが見当たらないことがあります。

セキュリティコードがかすれて読み取れないという場合もありますね。

このような場合はカードの裏側に記載された連絡先に電話をして問い合わせましょう。適切な対応をしてくれます。

セキュリティーコードだけでなく、私は何かわからないことがあれば、何でも電話でたずねることにしています。とてもていねいに説明してくれますよ!