クレジットカードの有効期限とは?

有効期限の確認方法

クレジットカードの有効期限は、カードの表面を見れば簡単にわかります。

クレジットカード番号の下に、GOOD THRU有効期限07/19などと書かれてあるからです。07/19と書かれてあれば、2019年7月までこのカードが使えることになります。

有効期限の必要性とは?

クレジットカードにはなぜ、有効期限が設けられているのでしょうか。主な理由は次の3つです。

1つ目は、カードの磁気やICチップが古くなって使えなくなる可能性があるから。

2つ目は、利用者の与信情報を定期的に確認するため。

3つ目は、最新のセキュリティ機能を備えたカードに更新するためです。

特に2つ目について、利用者は注意が必要です。カード会社は定期的に与信力を審査し、支払い能力がないと判断されれば、有効期限が過ぎたら契約を打ち切ることがあります。

私は有効期限の更新停止という状態に陥ったことはありませんが、支払いが遅延しているという人は、特に注意しましょう。

カードの有効期限が近づいてきたら行うこと

支払いトラブルなどがなく審査に通った場合、有効期限の前に、新しいクレジットカードが送られてきます。

カード会社によって送られてくる時期は異なりますが、およそ15日~45日前に郵送されてきます。

その後は新しいカードを使えば、これまでと同様に買い物やキャッシングなどが行えます。有効期限が近いのに新しいカードが送付されてこないときは、カード会社に問い合わせましょう。

携帯電話やインターネット代、公共料金などをクレジットカードの引き落としで支払っている場合、契約が更新されると、クレジット会社が支払先に連絡をして自動的に更新されるようになっていますが、全ての会社がこのサービスを行っているわけではありません。

引き落とし先のウェブサイトで会員情報でクレジットカード情報を確認し、必要なら更新手続きを行いましょう。

有効期限切れで面倒なのが、引き落とし手続きの更新です。私は面倒くさがりなので、なるべくカードで携帯電話などの引き落としはしないようにしています。