学生がクレジットカードを作る上での心得

学生向けカード発行するメリット

クレジット会社が学生向けクレジットを発行するメリットは主に代金を回収しやすいことと、社会人になっても継続して利用してもらえる可能性が高いことの2つです。

また、たとえ学生自身に収入がなくても、学生の親には収入がありますから、万が一料金が払えない場合には親が代わりに払ってくれることが多いため、社会人よりも未回収のリスクが低いというメリットもあります。

学生時代から使っているカードには愛着がわきやすく、社会人になっても引き続き同じ会社のカードを使い続ける人は多いものです。

私も18歳になったときに大手信販会社のクレジットカードを初めて作りましたが、社会人になってからも続けて使っていました。

学生にとってクレジットカードは大人社会へ仲間入りしたと感じられるアイテムですし、一枚目のカードはなかなか手放せないものです。

学生向けクレジットカードの審査

収入のない学生がクレジットカードを申し込んでも、審査に通るかどうか不安だと感じている人も多いのではないでしょうか。安心してください。

クレジットカードに最も通りやすいのが、学生向なのです。

特に一枚目のクレジットカードの申し込みでは、まず断られることはありません。私の実家は自営業ですが、18歳でクレジットカードを申し込んだときも、問題なく審査に通りました。

2枚目もほぼ問題なく審査に通るはずです。

しかし3枚目、4枚目、5枚目と枚数が多くなるほど、審査に通りにくくなります。

私は学生のときは1枚しかカードを作りせんでしたが、友人のなかに複数のカードに申し込んだ人がいました。

2枚目まではOKだったけれど、3枚目で断られたそうです。

学生向けカードの選び方

学生向けカードにはポイント2倍、キャッシュバックなど、社会人向けのカードにはないお得なサービスが付いているものが多いのが特徴です。

どのようなサービスが利用できるかを比較し、自分に合ったサービスが利用できるカードを選びましょう。

私はポイント倍増サービスがあるものを選びました。このときからカードでポイントをためる楽しみにはまった……といえます。