クレジットカード解約時の注意点

残高をチェック

クレジットカードでリボ払いやキャッシング、ボーナス払いを利用している場合、残高が残っていると解約時に一括請求されます。

残金を全額まとめて支払うのは大変ですし、それだけのお金が用意できないことも多いものです。リボ払いやキャッシングなどの残高が残っていて一括払いが難しい場合は、これらの返済が終わってから解約することをおすすめします。

私はクレジットカードでは現金一括払いしか利用していません。分割やキャッシングを使うと便利ですが、利子が高いので結局はムダな出費が多くなるからです。

解約時に残高を気にせずにすむので、気分的にも楽ですよ。

加入直後の解約はNG

クレジットカードに入会してからすぐに、解約するのはNGです。

入会時に特典としてついてくる大量ポイントや商品券などが目当てのユーザーだと思われてしまうからです。

クレジットサービスを使わず、特典が手に入ったからクレジットカードはもう不要と解約してしまったら、クレジット会社は損をします。

このような客は歓迎されませんから、次回にカードを申し込んでも審査に通らないことがあります。

私もポイント目当てで新しいカードを作った場合は、たとえそのカードが不要であっても次の更新時や、会費支払い月の前月までは解約しないことにしています。

付加サービスが使えない

当たり前のことですがクレジットカードに家族カードやETCカード、電子マネーなどのサービスを付けている場合、解約するとそれらのサービスも使えなくなります。使えなくなるサービスを、念のために確認しておきましょう。

また、クレジットで公共料金や携帯電話などの引き落としを行っている人は、引き落とし先の変更手続きが完全に終わってから解約してください。解約後に手続きを行っていると、次の支払日に間に合わなくて未納になることがあります。

私はこのような手続きが面倒なので、クレジットカードでの引き落としは利用していません。クレジットで引き落としを行っている人は、十分に注意してくださいね。