【要チェック】クレジットカードの審査基準

その人の属性

その人の属性とは住所や年齢、年収、勤務先、勤続年数、雇用形態、持ち家か借家か、居住年数、家族構成など、その人に関する情報です。

ここではおよその収入の把握、夜逃げのリスクなどが判断されます。

クレジットカード会社にとって何よりも怖いのが、代金のみ回収です。このため安定した収入が継続して見込めるかが、何よりも重視されます。

このため勤続年数が長いと、印象が良くなります。

また勤務先をみるとおよその会社の規模がわかりますが、会社規模よりも、安定した収入が見込めるかのほうが重視されます。

また持ち家か借家かもチェックポイントになります。

持ち家のほうが夜逃げリスクが低いからです。このような個人属性でもっとも有利になるのが、親の持ち家に住んでいる会社員や公務員です。

親と同居している場合、もし本人が支払えなくても親が肩代わりしてくれる可能性が高いですし、夜逃げの心配もそれほどありません。

うちは借家で夫婦二人暮らし、共働きです。今のところ、夫婦とともにクレジットカードの審査に落ちたことはありません。

信用情報

しかしクレジット会社は、個人属性だけで判断するわけではありません。

それ以上に重視するのが信用情報です。クレジットカード会社は、信用情報機関に加入し、利用者の信用情報の照会や提供を行っています。

信用情報機関には借り入れ利用者全てに対して、これまでその人がどのような借金を行ってきたかを記録した履歴が残されています。

そしてクレジット会社は、カードの申し込みがあったときに自由に閲覧できるようになっています。この信用情報を見ると、以前に借金返済の滞納がある、債務整理をしたなどの情報がわかるのです。

もし滞納が続いているなどの事故情報があると、その人の信用度はガタ落ちです。このような場合は、まず審査には通りません。

自分の信用情報は開示請求をすると、どのようなことが書かれてあるのかを確認できます。私は請求したことはありませんが、夫の友人が一度請求したことがあるそうです。請求手続きは意外と簡単で、内容が確認できて安心したとのことです。